山鉾について

  • 山鉾一覧
  • 山鉾マップ

鶏鉾(にわとりほこ)

中国の史話より取材、昔、唐堯の時代に天下がよく治まり訴訟用の太鼓(諫鼓)も用がなく苔が生え鶏が宿ったという故事によって、その心をうつしたものという。鉾頭の三角形の中の円形は鶏卵が諫鼓の中にある意味で、鶏鉾の名の象徴となっているともいわれるが、はっきりしたことは不明である。真木のなかほどの「天王座」には航海の神といわれる住吉明神を祀る。天水引は下河辺玉鉉、下水引は松村呉春(1752~1811)、松村景文(1779~1843)など四条派画家の下絵になるものである。前懸のペルシャ絨毯、胴懸の草花文様インド絨毯は、近年復元新調されて用いる。見送は有名な毛綴で近年の調査によるとトロイの皇子へクトールが妻子に別れをつげる図であるという。この見送は、16世紀頃ベルギーで製作、江戸時代初期に輸入されたものと考えられ、国の重要文化財に指定されている。

The triangle with a circle in it at the top of this float symbolizes the birth of a hen (“niwatori” in Japanese) from an egg. Philosophically, it has been said that a triangle and inscribed circle represent the primordial chaos from which the universe, as we know it, emerged in the age of the gods.
What has made this float especially famous, however, is the Gobelin tapestry on the back, which depicts a scene from the Trojan War in Greek literature. This masterpiece was made in the 16th century.

山鉾一覧を見る

  1. 祇園祭山鉾連合会
  2. 山鉾について
  3. 鶏鉾
  • 祇園祭山鉾連合会について
  • 祇園祭行事日程
  • 山鉾について
  • お知らせ
  • 資料
  • 公告
  • 保存会の公告
  • サイトマップ
  • トップページ
  • For Foreigner
  • English
  • Français
  • Italiano
  • Español
  • Русский
  • 한국어
  • 简体中文
  • 繁体中文
ページの先頭へ