山鉾について

  • 山鉾一覧
  • 山鉾マップ

鈴鹿山(すずかやま)

鈴鹿権現をまつる。伊勢国鈴鹿山で道ゆく人々を苦しめた悪鬼を退治した鈴鹿権現(瀬織津姫尊)を、金の烏帽子をかぶり手に大長刀を持つ女人の姿であらわしている。後の山には赤熊で象徴した悪鬼の首が置かれている。山に立つ松には鳥居・松・木立と宝珠を描いた絵馬がつけられるのも珍しく巡行後に盗難除けの護符として授与される。前懸は平成元年新調、黄砂の道と称する駱駝の図。胴懸の平成11年新調の桜図綴織と平成13年新調の紅葉図綴織は共に今井俊満氏原画である。見送は文化13年購入の中国明代の雲龍文様、天啓2年(1622)の年記を持つ紺紙金泥文字、明治35年作の牡丹鳳凰文様刺繍を伝えるが、現在は昭和57年新調の染彩ハワイの蘭花を用いている。欄縁金具は山鹿清華下絵の四季花鳥文様である。

According to a Japanese legend, a demon threatened the peaceful life of a small village by attacking its inhabitants and passing travelers every night. The Goddess Suzuka, to whom this float is dedicated, encountered and defeated this demon.
The Goddess Suzuka has a halberd in her left hand. She is dressed in female attire and capped by a gold hat, and is, therefore, said to protect travelers from robberies and harm.

山鉾一覧を見る

  1. 祇園祭山鉾連合会
  2. 山鉾について
  3. 鈴鹿山
  • 祇園祭山鉾連合会について
  • 祇園祭行事日程
  • 山鉾について
  • お知らせ
  • 資料
  • 公告
  • 保存会の公告
  • サイトマップ
  • トップページ
  • For Foreigner
  • English
  • Français
  • Italiano
  • Español
  • Русский
  • 한국어
  • 简体中文
  • 繁体中文
ページの先頭へ